Taylors/Jaraman Shiraz/2016/レビューno.1

赤ワイン

テイラーズワイン/ジャラマンシラーズ/2016年/レビュー

ダークフルーツ&バニラ甘い香り、飲みやすくジューシー×チョコ系のほろ苦さが癖になる。
お肉に良く合う赤ワイン | 値段 $23(約2000円) | コスパ評価 9.5/10
  1. ダークフルーツ(ブラックベリー、プラム、チェリー)
  2. 甘いスパイス×ほろ苦さ(バニラ、ダークチョコレート)
  3. 長い余韻の心地よい口当たり

Jaraman Shiraz 16(ジャラマン シラーズ 2016年)
日本ではあまり知られていないテイラーズ-Taylors-。コスパワインとしてオセアニアでは良く飲んでいました。今回ピックアップしたのはJaramanシリーズ。一番安いのより1ランク上のやつ。お手頃だけど価格以上に美味しいコスパワインです。

 

旅ガラス
旅ガラス

Taylorsはオーストラリアの酒屋ではどこでも手に入ります!シドニー空港だと高級品のSt.Andrewシリーズ(一本3000-5000円くらい)のみ販売してます(2019年8月確認)

☆他のレビューではこんな味わいや香りを感じた人もいます。
焙煎コーヒー豆、スミレ、黒オリーブ、スモーキー、カシス、ミントなど
☆試したおつまみレシピ
キノコ×豚肉×チーズ(8.5/10点)、新玉ねぎのサバ缶トマト煮(7/10点)
↑クリックするとレシピ記事に飛びます
残念ながらテイラーズのジャラマンシラーズは日本で手に入れるのは難しそうですが、シャルドネなら見つけました。シラーズ飲んで気になる方、シャルドネ好きな人は試してみると良いと思います。

もっと詳しく知りたい方へ

ワイン造り、2016年ヴィンテージ、旅ガラスの第一印象、参考レビュー、エリア分析など折りたたんで載せてますので、興味ある方はどうぞ

プレス
茎を取り外してプレス、ステンレスバットに移動。50%の葡萄は5日冷蔵保管(6℃)

アメリカンオーク100%使用、大樽とバリック樽の混合。30%は1年使用の樽、70%は2-3年使用の樽を使用
混成比率
クレアバレー 63%、マクラーレンベール 37%
詳細情報
├アルコール度数:14.79%
├酸味:ph 3.56
├砂糖含有量:0.9 g/L
└貯蔵ポテンシャル:8-10年

クレアバレー:「The Perfect Storm」と呼ばれる当たり年
├降雨量が平年を下回るものの、理想的なタイミングよく降った
├冬の休眠期のトラブルがなかった
└開花時の条件が理想的で、霜の被害もなかったマクラーレンベール:雨が多く収穫量が増えた年
└2月に月間降雨量の2倍の雨量を記録
ダークベリー系の濃厚で甘酸っぱいジューシーな味わい。コーヒーのような心地よいほろ苦さ、長く続く余韻が最高です。
【以下メモ】
Fruits: black berry, black cherry, mulberry
Others: black pepper, juicy, earthy, well-balanced, fruits driven
Body: full body
Acidity: medium
Finish: long
A celebration of regional characteristics, this wine is a fusion of two exceptional parcels of fruits from two iconic wine regions. The luscious elegance of the Clare Valley fruit marries superbly with the richer, slightly peppery fruit from McLaren Vale. A rich full-bodied wine with intense flavors of rich cherry plum and blackberry with attractive oak characters of coffee and chocolate.
―Google翻訳+ちょい手直し―
地域の特徴が良く出たこのワインは、象徴的なワインエリア2つの例外的な融合です。クレアバレーは甘美でエレガンス、マクラーレンベールの芳醇でわずかにペッパー感ある風味が見事に調和しています。濃厚なチェリープラムとブラックベリーの強烈なフレーバー、コーヒーとチョコレートの魅力的なオークの特徴を備えた豊かなフルボディワイン
旅ガラスのレビューに反映した部分
plum:ダークベリー主体と思いましたが、熟したプラム感も強いです。なのでダークベリー→ダークフルーツに変更
chocolate:コーヒーだけではなく、ダークチョコレートやカカオもありそうなので追加
At release, the wine has a deep crimson red colour to the centre with a vibrant purple hue to the edges. There are lifted aromas of red berry and cherry fruit along with subtle black olive and spice. This is a rich, full-bodied wine with intense flavours of ripe red berry fruit, violets and attractive oak characters of roasted coffee beans and dark chocolate. Overall, the wine is well balanced with complex, well-integrated tannins providing the palate with an intense, persistent length.
-Google翻訳+ちょい手直し-
発売時のワインは中心部が深紅色で、端が鮮やかな紫色になっています。ほのかなブラックオリーブとスパイス、レッドベリーとチェリーの香りがします。熟したレッドベリー系、スミレ、そして魅力的なオークキャラクター(ローストしたコーヒー豆とダークチョコレート)と、リッチでフルボディのワインです。総じて、複雑さを上手に統合したタンニンも含めバランスが取れており、鮮烈な風味がで長い余韻が楽しめます。
旅ガラスのレビューに反映した部分
spice:ペッパーに混じって少しだけバニラやスターアニスの香りがします。
well-integrated tannins:単純に長い余韻だけじゃなく、複雑に色々な口当たりやニュアンスを感じながらも、上手にまとまったタンニンだと思います。
疑問解消ポイント
red berry fruit:おそらく、瓶内熟成の影響でレッド→ダークに変化して行ってると思われる。旅ガラスはレッド要素が見つけられなかったので不採用
クレアバレー-Clare Valley-
├地域性:涼しく内陸、リースリングが有名。
└シラーズのキーワード:ジューシー、プラム、サラサラな口当たり
マクラーレンベール-McLaren Vale-
├地域性:温暖で海沿いの気候 / シラーズが有名
└シラーズのキーワード:ベリー、チョコレート、土っぽい
参考および引用させていただいたのはTaylorsのHPになります。
ワインで遊び、呑んで学ぶ♪
宅飲みワイン研究所長のテイスティングログ No.001

コメント