プロフィール

『人の宅飲みワイン&おつまみレシピ研究所』の管理人
ワイン研究所長の旅ガラスです。

このページでは「旅ガラスの自己紹介&登場人物のRoseちゃんのご紹介」をしていきます。

※レディファースト大事!Roseちゃんのご紹介

Roseちゃん
Roseちゃん

所長のお守りを担当してる秘書のRoseです

旅ガラス
旅ガラス

い、いつもありがとうございます!!

ブログを始めるにあたって「相方欲しいな」ってことで、美人秘書のRoseちゃんが生まれました(笑)

旅ガラスに足りないワインの知識を補ってくれる本ブログのドラえ〇ん的存在です。
完全に旅ガラスの妄想キャラになりますが、3サイズは上から・・・

女性の読者さんが減るのでさっさと本題に入りましょう(笑)

旅ガラスってどんな人?

独身&スケベオヤジ街道まっしぐらなアラサーエンジニアです。
あ、まだハゲてないですw

趣味は旅行。ワーホリで4年海外、約30か国訪れてます。
現在は出張族で半年以上は家に居ません。
まさに「旅ガラス」な生活を送っています。

【旅ガラス】の意味
《ねぐらをもたない烏の意》定住しないで、旅から旅へと渡り歩く人
(goo国語辞書)
今はちゃんと部屋を持ってますが、海外では半年以上車中泊だった時期もあります。

そんなわけで、「旅ガラス」と名乗っています。

旅ガラスのワイン経験値

  • 海外ワイナリーで半年間ソムリエ
  • WSET Level 2 取得
  • ワイナリーを約400軒訪問
  • 葡萄畑でストリッピング

なにやら不穏なワードが一つ入ってますが、超まじめです。
それぞれ説明していきます。

海外ワイナリーで半年間働いてました!


↑同僚のフォトグラファーにとってもらった奇跡の一枚

2019年にNew Zealand南島、Central Otago の Gibbston Valley Wineryで働いてました。

主な仕事は日本で言うソムリエさん。
食事と飲み物のサーブをするウェイターなんですが、食事との相性なども各自で説明します。その他テイスティングカウンターのヘルプ、日本人観光客の通訳も担当していました。


↑職場はこんな感じです。

求められるワイン知識は狭く深かったです。
ワインの種類は自社のワインのみなので狭く、それゆえに生産地の詳細を知っておく必要がありました。それにお客様にはワイン好きが多く、鋭い質問やトリッキーな話題が出てくることもしばしばありました。

実はこのワイナリー、履歴書3回出してようやく面接できた場所でして、我ながら拙い英語力とワインの知識でよくは働けたなと思ってます(笑)

WSET Level 2持ってます

WSET = Wine & Spirit Education Trust
イギリス発、世界中で認知されてるワインの資格です。

Level 1-4まで存在し、その先にMOW=Master of Wine
ワイン業界では世界最高峰の資格になります。

旅ガラスはLevel 2を英語で取得。
現在ソムリエ教本を買ってワインエキスパートの勉強をしていますが、感触的にも教科書の薄さ的にもWSETの方がシンプルで易しいです。

ただし、WSETの場合は3日の講義を受けるので講師から色々細かく聞けるのは良いですね。実際テイスティングも一緒にするので、かなり役に立ちます。

講義が全部英語なんでわからないとこも多々ありましたが(笑)

WSET Level 3 もいつかチャレンジしようと思ってます。

ワイナリーを約400軒訪問してます

ワイナリー訪問数と実地での試飲数だけは世界のワイン好きの8割に勝つ自信があります(笑)

[2017年11月-2018年2月]
3か月オーストラリアワイナリー300軒訪問旅!累計310軒達成

  • オーストラリアで約50軒(別時期)
  • ニュージーランドで約30軒
  • ヨーロッパで約10軒

約400軒訪問してます(実際は380-390軒くらいw)

飲んだワインの数なら本職のソムリエさんに敵いませんが、生産地訪問の体験は語れます。
(オーストラリアとニュージーランド限定だけどねw)

とはいえ素人がひたすら酒蔵周っても利き酒師と呼ばないのと一緒で、ワインの知識はまだまだ勉強中になります。

葡萄畑でストリッピング

ストリッピング:ワイヤーから枝を外して樹を裸にすること。
葡萄収穫→プルーニング(剪定)→ストリッピングを行います。

エロ~い話を期待した方、きっと旅ガラスと気が合うと思います(笑)

これ、めちゃくちゃキツかったです。
でも馴れるとけっこう稼げるから、冬の間はそこそこ重宝しました。
(完全歩合でした。旅ガラスは時給160円-2200円)

ということで、2か月くらいですが葡萄畑で働いた経験もあります。

料理の腕前

貧乏な独り身や旅暮らしが長いせいで、いかに時短でおいしく作るかを考えるのが得意です。

  • 料理に合ったワインを選ぶ:ソムリエ
  • ワインに合った料理のレシピを考える:料理人

ワインブログってソムリエ目線が多いんですが、料理人の目線からも組み合わせを考慮したアレンジレシピを紹介したいです。

まとめ 旅ガラスを一言でいうと・・・

『ワインの虜』

ワインの情熱×ダメな大人感が旅ガラスにピッタリです。
なぜなら本ブログのモットーは

ワインで遊び、呑んで学ぶ♪

『大人の宅飲みワイン&おつまみレシピ研究所』へようこそ!
アホな所長&ツンデレ秘書が歓迎いたします。